愛するペットが亡くなってしまったとき・・・・・

安置方法・火葬の手続き

 家族の一員として暮らしてきたペットが亡くなってしまったら、
 飼い主さまは大きなショックで悲しみに包まれていることと思います。
 飼い主さんがペットのご遺体を迷うことなく安置することができる
 ように、旅立ちのお支度方法と注意点をまとめました。
 

    まずは、ご相談ください


遺体の死後硬直に注意する

 ペットの死後硬直は、その日の気温などにもよりますが、
 犬や猫など小さな動物の死後硬直は、2時間程で始まります。
 手足からお腹、頭部といった順番で硬直し、棺やケースに収める時
 に手足がきちんと入らなくなってしまいます。硬直が始まってしま
 う前にまぶたを閉じてあげて、手足を胸の方にそっと寄せてあげま
 しょう。その動物の自然な体制になるように、リラックスした姿勢
 にしてあげてください。出来るだけ体に触れないように気をつけて
 ください。死後硬直が始まっていても、関節を優しくさすってあげ
 れば動かせます。



ペットの遺体を清める

 お湯でぬらしたガーゼや布で全身を優しく拭いてあげて、毛並みや
 尻尾を整えます。時間が経つと口や肛門から体液や汚物が出てくる
 ことがありますので、ガーゼなどで拭き取ってあげて脱脂綿などを
 詰めるとよいでしょう。人間でも同じような現象があるので、亡く
 なってしまったペットから体液がでても心配しないでください。
 線香を焚いてあげ、目が乾燥してくるため時々目に水をかけ、のど
 が渇かないように脱脂綿に水を浸して口から与えてあげます。
 
   ※ 亡くなった後でいつものように家族と
        過ごせるのは1日が限界と思ってください。

 

ご遺体の安置の方法と注意点

 ペットが亡くなってから火葬まで、亡くなったペットを毛布やバス
 タオルを敷いたダンボールなどのケースに安置します。この時も、
 体液がしみ出す事もありますので、箱から体液が染み出ないように
 ペットシートやビニールを底に敷くとよいでしょう。頭とお腹の
 あたりに多めのドライアイスや冷却材を入れて充分に冷やします。
 腐敗を防ぎ保冷性を保つために、タオルなどでペットの体を一緒
 に包むようにしてください。夏場には安置するお部屋のエアコン
 温度を普段より低くしておくほうが良いでしょう。



※クリックすると
 石の高橋ウェブサイトに
 ジャンプします